マッチングアプリに抵抗すらあった私がお付き合いまでするとは・・・・・。

マッチングアプリというと出会い系のような感じがして、抵抗がある方もいるかもしれません。

ですが最近では様々なマッチングアプリが広まり、多くの人が登録をしています。

私自身、若干の抵抗がありつつも、友人が始めていたことがきっかけで始めました。

最初は深く考えず、画面に出てきた男性の方を軽い気持ちでスワイプ。マッチすると相手も私のことを少なからず良いと思ってくれているということが嬉しく感じました。

そしてメッセージがきたら返し、あとは成り行きにまかせて・・・・・。そんな感じでした。

ここで一つ。マッチングアプリでマッチし実際に会うまでの過程で自分なりに決めていたことがありました。

  1. 自分からラインに移行しない
  2. やみくもに会わない
  3. 同時進行で複数の人と会わない

この3点を自分の中の決まりとし、私なりの基準で実際に会う会わないを判断しました。

これだけ聞くと私に選択権があるように思えますが、もちろん私発信のライクでマッチしないことなんてたくさんありました(笑)

そして何人かと実際にお会いしましたが、その中で1名の方とお付き合いしました。

当初の私からすればマッチングアプリからお付き合いなんて考えられません。(笑)

今回はその体験談をご紹介します。

その方とはマッチしてからしばらくはメッセージでやりとりをし、その後はラインに移行しました。

何度か連絡を取り合い、だんだんと相手のことを知り実際に会うことに。

いくら連絡はとりあっていたというものの初めて会うときはものすごく緊張したのを覚えています。

ですが、緊張していたのは私だけではなく向こうも同じでしたが、お互いにそのことを話すとすこし肩の荷がおりました。

初回のデートは最後まで少し緊張していましたが、お互いがスポーツ好きで今もやっているという点で意気投合し楽しく終わりました。

そしてなんと私たちが付き合ったのは2回目のデート。笑

私自身2回目で付き合うとは思いませんでしたし、2回目と聞くと早くない?と感じる方が多いと思います。笑

ですが私たちは仕事上、お休みがなかなか合わず、初回のデートから1ヵ月が経っていました。とはいうものの早いですね。

2回目のデートは1回目よりお互いフランクな感じで過ごせました。

会えない期間も連絡はほぼ毎日取り合っていたので相手のこともだんだんと知り、程よく緊張する間柄でした。

2回目のデートの終盤に少しゆっくり話そうとなり、公園へ・・・・・。

ブランコに腰掛けながら、なんとなく今後について話していました。そして沈黙・・・・。

沈黙を破ったのは彼でした。「早いとは思うしたくさん悩んだけど、付き合っていく中でもっと知っていきたい」と。

私も予想外の展開に悩みましたが、彼の人柄に惹かれOKを出しました。

その後もなかなか合わない休みの中でいろいろな所へ出かけその度に彼の魅力を知っていきました。

しかし順調だと思われていた私たちですが、なんと彼の転勤で別れることになりました。付き合いはじめて間もない時に決まったことでした。

付き合ってからの期間はもちろん出会って間もない私たちには「ついてきて」「ついていく」という流れはもちろんないに等しいぐらいでした。

そんな中私は待つという選択肢を彼に提案しました。しかし彼はそれを受け入れてはくれませんでした。

結果私たちは別れという選択肢を選びました。

彼の転勤がなかったらもしかしたら今も続いていたかもしれません。しかしこれもタイミングだなと、1つの経験になりました。

と、このように一連の出来事をご紹介し、これを成功体験として仕分けしていいものなのか若干の迷いもありますが。笑

マッチングアプリと聞くと抵抗があるかもしれませんが、純粋に出会いを求めている人もいれば、私のように軽い気持ちで始めて素敵な人と出会えたりというケースもあります。

もし日常の生活で出会いがないと悩んでいるのであれば、実際に試してみるのもいいと思います!

直接的に結ばれなくてもそこか紹介につながる可能性もあるはずです。

まずは気軽にスタートすることをお勧めします!

登録したその日にマッチングした理想的な男性とゴールイン!

結婚相談所で成婚退会後、婚約破棄。

その後、再度別の結婚相談所に入会するも、婚活サイト「youbride」に登録したその日にマッチングした男性と1年後にゴールインしました。

私が旦那さんとなった彼とのメッセージのやり取りで気を付けていたこと、告白される方法等を紹介します。

自分から「LINEを教えて下さい」と言わなかった

サイト内でのメッセージはかなりの長文をお互いにやりとりしていました。

彼から、「お会いしたいです」と言われたのはやりとりを始めて約10日後。

その返事も「お誘いいただいてありがとうございます」の様に、少し控えめにしました。

彼は海外赴任中だったため、会うのは1ヶ月後でしたが、その間も自分から「LINEを教えて下さい」とは言いませんでした。

「して欲しいことをするのではなく、して欲しくないことをしない」

よく読んでいたブログの言葉を実践しました。

どうしても、理想的な彼と出逢ったら彼の気を引こうと「これをしましょうか?」という思いが溢れてしまいます。

が、そこはぐっと我慢。

まだ彼氏彼女でもない異性に踏み込んで来られると一気にダメになってしまう可能性の方が大。

あくまでさらっとしたメッセージのやり取りが良いと思います。

手土産・「時間があっという間に過ぎました」・別れ際の握手、の三点セット

結婚相談所でも活動しており、7人のお見合い相手全員に「また会いたい!」と希望してもらった秘訣は、お見合い時のちょっとしたお菓子の手土産でした。

男性がお茶を奢ってくれる為、お見合いも1時間近くになる時に500円くらいのお菓子を渡すと超好印象!絶対交際に繋がっていました。

結婚した彼も、初対面の時は、ビール好きな彼に私の地元のビールをプレゼント。とても喜ばれました。

別れ際、「時間があっという間に過ぎました」という言葉と、「今日はありがとうございました!」と握手が出来ると完璧です!

私はこの方法で結婚することができました!

理想の相手と無事に付き合うことができました

ゼクシィ恋結びというマッチングアプリをしていました。

そのアプリで実際にお付き合いをすることができました。

結果的には別れてしまいましたが、私の理想としていた人と出会うことができました。とても楽しい時間を過ごすことができました。

私がゼクシィ恋結びを始めてから5か月くらい経過したとき、マッチングした人(以下Aさん)とお付き合いをしました。

Aさんは、私がゼクシィ恋結びを始めたときいいなと思っていた人でした。

しかし勇気が出ずに自分からいいねをすることができませんでした。

違う人とマッチングを成立させ、ご飯に行ったりしていました。

すると、登録をしてから5か月くらい経過したときにAさんからいいねをもらうことができました。とても嬉しかったです。

すぐにマッチングを成立させ、メッセージのやり取りを始めました。

Aさんは、同い年で同じ趣味で見た目も好きでした。毎日連絡を取り合いとても気が合うなと感じていました。

すると、Aさんも同じことを思ってくれていました。

実際に会うことになり、写真通りの人が待ち合わせ場所にいてとても安心をしました。話をしていてもとても楽しい時間になりました。

共通の話題もたくさんあり、この人と付き合うことができればいいなと思うようになりました。

初めて会ったのに初めて会った気がしないという不思議な感覚でした。

その後もAさんとデートを重ねました。すると、Aさんから告白をしてくれました。本当に嬉しかったです。

付き合ってからもデートを何度も重ねました。いつも楽しい時間を過ごすことができました。

ずっと一緒にいることができればいいなと思っていました。

しかしそれは叶いませんでした。彼氏となったAさんに振られてしまいました。

実際にAさんと付き合うことができて、とても楽しい時間を過ごすことができました。マッチングアプリで恋人を作るというのは不可能ではないと分かりました。

真面目に活動をしている人もたくさんいるので、希望を捨てずに今後も頑張りたいです。