本当のパートナーと出会うために婚活パーティーですること

男女とも、20代半ばを過ぎると周りの友だちが結婚していきます。

そんな私も23歳から婚活パーティーに参加しました。

初めてのパーティーだったので、全てが初めてで緊張して何か何だか分からないまま時間が過ぎていったことを思い出します。

結婚したい時が結婚適齢期だと思います。いくつかパーティーでの注意点があると思います。

まず、何よりも身だしなみです。

男女とも服を新調した方がいいとはいいませんが、自分の持っている服で一番良いもので参加がふさわしいです。

よれよれの服だと一対一でお話する際、周りと比べられるので目立ちます。

特に、女性は大きく胸元が開いた服は着ていかない方が無難です。それは、結婚相手よりも身体目当ての男性も中にはいるようです。

次に、メモを用意して参加した方がよいです。そのメモは自分がどうしても外せないパートナーの条件です。

例えば、たばこを吸う人は嫌、ギャンブルは嫌、相手のご兄弟のこと、相手のご両親と同居するかなど。

パーティーによっては年収など聞きずらい質問なども書いていただける内容になってますが、自分のパートナーとして嫌なことは書いておき、一対一になった時に質問しておけばよい判断材料になります。

人は、質問されると案外本音も語ってくれますし、関心を持ってもらえていると思いがちです。

沢山質問して本音をさぐりましょう。

最後に、もう一つメモを用意しておきます。それは、自分の連絡先を書いた紙です。

今の時代、SNSもさかんですが、複数の方に短時間で連絡先を交換するには時間がかかります。

パーティーでカップルになれなかった時のために、数枚自分の連絡先を書いたメモを用意しましょう。

パーティー終了後は、カップルになれなかった男女がすぐに帰らない場合もあり、会場近くで話をしている可能性もあります。

自分の第二希望、第三希望の意中の方に連絡先を書いたメモを手渡ししましょう。脈があれば、連絡がきます。

ご縁があれば、交際がスタートするかもしれません。

勇気を出して、将来のパートナーをゲットしてください。

そのプロフィール、最後に更新したのいつですか··?

約2年前の出来事です。当時某婚活サイトに登録していました。

なかなか上手くいかず気になった方からはスルーされ、時折マッチングしても会う約束には至らず··ネット婚活に軽く疲弊していた時のことです。

ある男性からメッセージを頂きました。自己紹介と「よろしくお願いします」といった内容でした。

プロフィールを確認しましたが、悪い印象はなかった為こちらからも同様の返信をし、そこからやり取りが始まりました。

お互いの仕事や、住んでいるところのオススメスポットなど他愛ないメッセージのやり取りを何度か繰り返す内に「近いうちにお茶でもしませんか」とお誘いを頂きました。

ネットで出会った方とお会いするのは初めてだったので若干迷いましたが承諾し、都内の某所で待ち合わせることに。

前日、万一なかなか会えなかった時の為に電話番号交換しました。

そして当日。

仕事後に向かっているとその方から「少し遅れます」とメッセージが。少し安心し、でも緊張しながら待っていました。

するとその方から到着の連絡があり、プロフィールで確認した顔写真と身長を思い出しながら辺りを見回しました。

が、見当たらない··。思いきって電話をし、場所を確認するとその場所にいるというのです。

もう一度周りを確認して目についた方は長身ですごく恰幅の良い方。プロフィール写真は普通で、体型も“普通”と記載されていたんです。

しかし、その記載とはあまりにかけ離れていて健康面が心配になる印象でした。

その方とはその後お話をした上で、お話をした印象からも住む世界が異なる印象であった為、結果的にお断りを申し上げました。

記載されているプロフィールや掲載された顔写真、目に見える情報だけを鵜呑みにしてはいけないとネット婚活の危うさを感じつつ、自分自身社会勉強になった気がします。

とはいえ、そういった方ばかりでもないと思います。私自身、その後良い方と出会うことが出来ました。

“そんなこともあるかもしれないんだな”程度に参考にしてください。

皆さんも素敵な出会いを見つけてくださいね。