本当のパートナーと出会うために婚活パーティーですること

男女とも、20代半ばを過ぎると周りの友だちが結婚していきます。

そんな私も23歳から婚活パーティーに参加しました。

初めてのパーティーだったので、全てが初めてで緊張して何か何だか分からないまま時間が過ぎていったことを思い出します。

結婚したい時が結婚適齢期だと思います。いくつかパーティーでの注意点があると思います。

まず、何よりも身だしなみです。

男女とも服を新調した方がいいとはいいませんが、自分の持っている服で一番良いもので参加がふさわしいです。

よれよれの服だと一対一でお話する際、周りと比べられるので目立ちます。

特に、女性は大きく胸元が開いた服は着ていかない方が無難です。それは、結婚相手よりも身体目当ての男性も中にはいるようです。

次に、メモを用意して参加した方がよいです。そのメモは自分がどうしても外せないパートナーの条件です。

例えば、たばこを吸う人は嫌、ギャンブルは嫌、相手のご兄弟のこと、相手のご両親と同居するかなど。

パーティーによっては年収など聞きずらい質問なども書いていただける内容になってますが、自分のパートナーとして嫌なことは書いておき、一対一になった時に質問しておけばよい判断材料になります。

人は、質問されると案外本音も語ってくれますし、関心を持ってもらえていると思いがちです。

沢山質問して本音をさぐりましょう。

最後に、もう一つメモを用意しておきます。それは、自分の連絡先を書いた紙です。

今の時代、SNSもさかんですが、複数の方に短時間で連絡先を交換するには時間がかかります。

パーティーでカップルになれなかった時のために、数枚自分の連絡先を書いたメモを用意しましょう。

パーティー終了後は、カップルになれなかった男女がすぐに帰らない場合もあり、会場近くで話をしている可能性もあります。

自分の第二希望、第三希望の意中の方に連絡先を書いたメモを手渡ししましょう。脈があれば、連絡がきます。

ご縁があれば、交際がスタートするかもしれません。

勇気を出して、将来のパートナーをゲットしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です