マッチングアプリに抵抗すらあった私がお付き合いまでするとは・・・・・。

マッチングアプリというと出会い系のような感じがして、抵抗がある方もいるかもしれません。

ですが最近では様々なマッチングアプリが広まり、多くの人が登録をしています。

私自身、若干の抵抗がありつつも、友人が始めていたことがきっかけで始めました。

最初は深く考えず、画面に出てきた男性の方を軽い気持ちでスワイプ。マッチすると相手も私のことを少なからず良いと思ってくれているということが嬉しく感じました。

そしてメッセージがきたら返し、あとは成り行きにまかせて・・・・・。そんな感じでした。

ここで一つ。マッチングアプリでマッチし実際に会うまでの過程で自分なりに決めていたことがありました。

  1. 自分からラインに移行しない
  2. やみくもに会わない
  3. 同時進行で複数の人と会わない

この3点を自分の中の決まりとし、私なりの基準で実際に会う会わないを判断しました。

これだけ聞くと私に選択権があるように思えますが、もちろん私発信のライクでマッチしないことなんてたくさんありました(笑)

そして何人かと実際にお会いしましたが、その中で1名の方とお付き合いしました。

当初の私からすればマッチングアプリからお付き合いなんて考えられません。(笑)

今回はその体験談をご紹介します。

その方とはマッチしてからしばらくはメッセージでやりとりをし、その後はラインに移行しました。

何度か連絡を取り合い、だんだんと相手のことを知り実際に会うことに。

いくら連絡はとりあっていたというものの初めて会うときはものすごく緊張したのを覚えています。

ですが、緊張していたのは私だけではなく向こうも同じでしたが、お互いにそのことを話すとすこし肩の荷がおりました。

初回のデートは最後まで少し緊張していましたが、お互いがスポーツ好きで今もやっているという点で意気投合し楽しく終わりました。

そしてなんと私たちが付き合ったのは2回目のデート。笑

私自身2回目で付き合うとは思いませんでしたし、2回目と聞くと早くない?と感じる方が多いと思います。笑

ですが私たちは仕事上、お休みがなかなか合わず、初回のデートから1ヵ月が経っていました。とはいうものの早いですね。

2回目のデートは1回目よりお互いフランクな感じで過ごせました。

会えない期間も連絡はほぼ毎日取り合っていたので相手のこともだんだんと知り、程よく緊張する間柄でした。

2回目のデートの終盤に少しゆっくり話そうとなり、公園へ・・・・・。

ブランコに腰掛けながら、なんとなく今後について話していました。そして沈黙・・・・。

沈黙を破ったのは彼でした。「早いとは思うしたくさん悩んだけど、付き合っていく中でもっと知っていきたい」と。

私も予想外の展開に悩みましたが、彼の人柄に惹かれOKを出しました。

その後もなかなか合わない休みの中でいろいろな所へ出かけその度に彼の魅力を知っていきました。

しかし順調だと思われていた私たちですが、なんと彼の転勤で別れることになりました。付き合いはじめて間もない時に決まったことでした。

付き合ってからの期間はもちろん出会って間もない私たちには「ついてきて」「ついていく」という流れはもちろんないに等しいぐらいでした。

そんな中私は待つという選択肢を彼に提案しました。しかし彼はそれを受け入れてはくれませんでした。

結果私たちは別れという選択肢を選びました。

彼の転勤がなかったらもしかしたら今も続いていたかもしれません。しかしこれもタイミングだなと、1つの経験になりました。

と、このように一連の出来事をご紹介し、これを成功体験として仕分けしていいものなのか若干の迷いもありますが。笑

マッチングアプリと聞くと抵抗があるかもしれませんが、純粋に出会いを求めている人もいれば、私のように軽い気持ちで始めて素敵な人と出会えたりというケースもあります。

もし日常の生活で出会いがないと悩んでいるのであれば、実際に試してみるのもいいと思います!

直接的に結ばれなくてもそこか紹介につながる可能性もあるはずです。

まずは気軽にスタートすることをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です